探偵小説アルセーヌ・ルパ‪ン‬

    • 3.6 • 361件の評価

発行者による作品情報

この作品は書いている、モーリス・マリー・エミール・ルブラン(フランス語はMaurice Marie Émile Leblanc,1864年12月11日[1]-1941年11月6日)は、フランスの小説家。これは婦人文化研究会によって翻訳された。『探偵小説アルセーヌ・ルパン』は底本の「【婦人パンフレツト第八輯】アルセーヌ・ルパン」では「フィクション・文芸」としてまとめられている。初出は1922(大正11)年12月15日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1926年
12月16日
言語
JA
日本語
ページ数
29
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
34.3
KB

カスタマーレビュー

内灯夢塔

50年経っても面白い

中学1年の時に読んでとても面白かったので50年後また読んでみました。
やっぱりとても面白い。
さすがルパン3世のおじいちゃんだ。
iBooksのおかげでまた読むことができました。
修正点の表記は別記の方が読み易そうです。
ルパンもホームズも怪人二十面相もまた読んでみたいです。

マッサン2号

注釈について

本文中に修正の注釈が付いてますが、あれは明らかにミスなので、読みづらいので、注釈無しでいいと思います。

みつ3世

懐かしい

30年以上前の小学生時代に読んでいた。懐かしかった。最後はさすがルパンだね〜。

Maurice Leblanc & 婦人文化研究会の他のブック

1932年
2015年
1925年
1941年
1941年
1941年

カスタマーはこんな商品も購入

1841年
2015年
1999年
2015年
1938年
1990年