• ¥3,200

発行者による作品情報

インターネットの影響をビジネス・社会・技術など多角的な視点で伝え続ける年鑑『インターネット白書』。2020年はオリンピック・パラリンピックをはずみに日本でも5Gが本格的に開始する節目を迎え、デジタルサービスの進化が期待されています。本年度版は、その5Gやエッジコンピューティング、低軌道衛星などデータがかけめぐる次世代のためのインフラの動向や、ブロックチェーン上で拡大する分散型金融のトレンド、テレビ放送のネット同時配信認可、サブスクやOMOといったマーケティングの注目点、デジタルプラットフォーマー向け制度改革、災害対応やディープフェイク、環境対策といった社会課題の話題まで、盛りだくさんのテーマを各分野の専門家が詳細に掘り下げて解説しています。あらゆるビジネスを変えていくデジタルテクノロジーとインターネット。その実践のヒントがつまった一冊です。

【目次】

10大キーワードで読む2020年のインターネット

第1部 ビジネス動向

1-1 メディア

1-2 広告とマーケティング

1-3 Eコマースとファイナンス

1-4 エコノミー

1-5 ビジネス関連統計資料

第2部 テクノロジーとプラットフォーム動向

2-1 IoT

2-2 アプリケーションとプロダクト

2-3 クラウド/データセンター事業者

2-4 エネルギー

2-5 製品・技術関連統計資料

第3部 インターネット基盤と通信動向

3-1 ドメイン名

3-2 IPアドレス

3-3 トラフィック

3-4 通信事業者

3-5 その他の通信インフラ

3-6 インターネット全体と通信関連統計資料

第4部 サイバーセキュリティ動向

4-1 情報セキュリティ

4-2 プライバシー規制

4-3 トラブル

4-4 サイバーセキュリティ統計資料

第5部 社会動向

5-1 法律・政策

5-2 市民

5-3 メディアと社会

5-4 社会動向統計資料

付録 インターネットの主な出来事 2018.11→2019.10

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2020年
2月7日
言語
JA
日本語
ページ数
379
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
25.5
MB

インターネット白書編集委員会の他のブック