• ¥3,200

発行者による作品情報

インターネット、デジタルテクノロジーの影響力を25年にわたって報告するデジタル業界定番の年鑑『インターネット白書』。最新刊の2021年版は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大のなかでインターネットがどのように活用されたか。その激動の1年を振り返り、新しい様式に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)の動きを各分野の専門家の寄稿と統計データによりレポートする。ポストコロナにおいてデジタル基盤が社会の隅々にまで定着するための課題がこの一冊でわかる。


10大キーワードで読む2021年のインターネットはこちら。


01 減災コミュニティ

02 非接触テクノロジー

03 テレワーク

04 オンライン教育

05 オンラインエンターテインメント

06 改正著作権法

07 インフォデミック

08 マーケティングとプライバシー

09 デジタル庁構想

10 サスティナブルシティ


【目次】

10大キーワードで読む2021年のインターネット

第1部 産業動向

1-1 メディア

1-2 リテール・金融

1-3 その他の産業

1-4 新産業

1-5 ビジネス関連統計資料

第2部 テクノロジーとプラットフォーム動向 

2-1 技術とサービス

2-2 クラウド/データセンター事業者

2-3 スマートシティ

2-4 製品・技術関連統計資料

第3部 インターネット基盤と通信動向 

3-1 ドメイン名

3-2 IPアドレス

3-3 トラフィック

3-4 通信事業者

3-5 その他の通信インフラ

3-6 インターネットガバナンス

3-7 インターネット全体と通信関連統計資料

第4部 サイバーセキュリティ動向 

4-1 インシデント

4-2 プライバシー規制

4-3 有害情報対策

4-4 サイバーセキュリティ統計資料

第5部 社会動向 

5-1 法律

5-2 政策

5-3 防災

5-4 働き方

5-5 教育

5-6 メディアと社会

5-7 社会動向統計資料

付録 インターネットの主な出来事2019.11→2020.10

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2021年
1月29日
言語
JA
日本語
ページ数
470
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
23.4
MB

インターネット白書編集委員会の他のブック