オリガ・モリソヴナの反語法 オリガ・モリソヴナの反語法

オリガ・モリソヴナの反語‪法‬

    • 5.0 • 4件の評価
    • ¥770
    • ¥770

発行者による作品情報

1960年、チェコのプラハ・ソビエト学校に入った志摩は、舞踊教師オリガ・モリソヴナに魅了された。老女だが踊りは天才的。彼女が濁声で「美の極致!」と叫んだら、それは強烈な罵倒。だが、その行動には謎も多かった。あれから30数年、翻訳者となった志摩はモスクワに赴きオリガの半生を辿る。苛酷なスターリン時代を、伝説の踊子はどう生き抜いたのか。感動の長編小説。第13回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2005年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
536
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
2.1
MB

米原万里の他のブック

旅行者の朝食 旅行者の朝食
2004年
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 嘘つきアーニャの真っ赤な真実
2004年
不実な美女か貞淑な醜女か 不実な美女か貞淑な醜女か
1997年
ガセネッタ&シモネッタ ガセネッタ&シモネッタ
2003年
打ちのめされるようなすごい本 打ちのめされるようなすごい本
2009年
マイナス50℃の世界 マイナス50℃の世界
2012年