• ¥1,100

発行者による作品情報

▼第1章/かくれみの▼第2章/助命金▼第3章/八方変現▼第4章/掟返し●主な登場人物/カムイ(下忍となった夙谷の民)、正助(才覚あふれる貧しい農民の子)、草加竜之進(謀殺された次席家老の遺児)●あらすじ/目付の橘軍太夫と結託した悪徳商人による、不当なマユの買い付けに端を発した「玉手一揆」は、正助の巧妙な戦術により農民側の勝利に終わるが、その後の日置藩の追及は厳しかった。首謀者として捕えられた正助は、父・ダンズリと共に苛酷な拷問を受ける。やがて苔丸らの尽力で放免された正助は、夙谷の娘でカムイの姉であるナナとの仲を公表。この身分制度の壁を乗り越えた二人の愛は、領民の結束をより固めることになった。●その他の登場人物/弥助(カムイの父)、ナナ(カムイの姉)、ダンズリ(正助の父)、花巻村の庄屋(正助の主人)、竹間沢村の庄屋(正助の理解者)、橘軍太夫(日置藩目付)、橘一馬(目付の息子)、笹一角(元・日置藩剣法指南役)、水無月右近(剣豪の浪人)、横目(夙谷の頭)、サエサ(横目の娘)、赤目(抜忍。カムイの忍びの師で「日の市」と名を変えている)、日置藩主(暗愚な領主)、城代家老(目付と対立している)、雲水(忍びの小頭)、スダレ(苔丸の変名)、夢の七兵衛(金が全てと考える、商才のある新興商人)、蔵屋(日置藩のご用商人)、鏡隼人(蔵屋の用心棒の美剣士)、キク(流人の娘)、小六(娘の非業のために精神異常となった農民)、権(正助の友)、山丈(山にすむ大男)、松林蝙也斎(城代家老の友人の武芸者)、風のトエラ(カムイの忍び仲間であったが、抜忍となる)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2005
11月30日
言語
JA
日本語
ページ数
410
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
137.2
MB

白土三平の他のブック

このシリーズの他のブック