矢吹駆シリーズ

サマー・アポカリプ‪ス‬

矢吹駆シリーズ

    • 4.0 • 3件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

ラルース家事件の傷心を癒しきれないナディアは、炎暑のパリで見えざる敵の銃弾を受けたカケルに同行し南仏地方を訪れる。風光を愛でる暇もなく、心惹かれる青年と過ごす夏期休暇は、ヨハネ黙示録を主題とした連続殺人の真相究明行へと一変する。二度殺された死体、見立て、古城の密室殺人、秘宝伝説、いわくある過去……絢爛に鏤められたモチーフの数々が異端カタリ派の聖地というカンヴァスに描き出されるとき、本格探偵小説の饗応は、時空を超えて読む者を陶酔の彼岸へ誘わずにはいない。口笛が〈大地の歌〉を奏で、二重底に隠された最後のからくりを闡明する瞬間まで、探偵の座を明け渡す矢吹駆。その真意はいずこに?/解説=奥泉 光

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1996年
3月22日
言語
JA
日本語
ページ数
559
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.6
MB

笠井潔の他のブック

1995年
2014年
2002年
1996年
2007年
2007年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック

1996年
2002年
2008年
2022年
1995年