スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるの‪か‬

    • 3.0 • 3件の評価
    • ¥620
    • ¥620

発行者による作品情報

相手が先生だから抵抗できなかった――教師が絶対的な権力を持つ教室や部活動の現場で、被害者は「隙があったのではないか」と責められ、教育委員会は事なかれ主義を貫き、隠蔽体質がはびこる。わいせつ行為で処分を受けるのはごく一部で、泣き寝入りが大半だ。他人事ではない学校だから起きる性犯罪の実態を浮き彫りにする執念のドキュメント。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2017年
4月11日
言語
JA
日本語
ページ数
214
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
3.7
MB

池谷孝司の他のブック

死刑でいいです―孤立が生んだ二つの殺人―(新潮文庫) 死刑でいいです―孤立が生んだ二つの殺人―(新潮文庫)
2013年
子どもの貧困連鎖(新潮文庫) 子どもの貧困連鎖(新潮文庫)
2015年