• ¥1,200

発行者による作品情報

ロンドン、ウェストエンドで初演された『ハリー・ポッターと呪いの子』の公式脚本。ハリー・ポッターとして生きる宿命を負った少年は、おとなになったいまでも、魔法省で忙しく働きながら、夫として、そして学校へ通う三人の子どもの父親として、悩み多き日々を送っています。ハリーが、事あるごとに甦る過去の記憶に悩むいっぽう、末の息子のアルバスもまた、ポッター家に生まれた重圧に、反発しながら苦しんでいました。過去と現在が不吉に混ざりあうなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります――時として、闇は思わぬところからしのび寄ってくるのです。『ハリー・ポッターと呪いの子 特別リハーサル版』は、2016年の夏、ジャック・ソーンが脚本を手掛けた同作の舞台がウェストエンドでワールドプレミアを迎えた日に刊行されました。J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンが執筆した物語から生まれたこの芝居は、演劇ファンや批評家たちの称賛を浴び、公式脚本はたちまち世界的ベストセラーになりました。今回刊行される愛蔵版は、特別リハーサル版の増補改訂版です。リハーサル版とは少し異なる本番の台詞や、演出のジョン・ティファニーと脚本のジャック・ソーンの二人による、戯曲を読むことをテーマにした対談を収めました。ポッター家の家系図や、『ハリー・ポッターと呪いの子』の物語が幕を開けるまでの魔法界での歴史など、役に立つ予備知識もまとめられています。

ハリー・ポッターとして生きる宿命を負った少年は、おとなになったいまでも、魔法省で忙しく働きながら、夫として、そして学校へ通う三人の子どもの父親として、悩み多き日々を送っています。

ハリーが、事あるごとに甦る過去の記憶に悩むいっぽう、末の息子のアルバスもまた、ポッター家に生まれた重圧に苦しんでいました。過去と現在が不吉に混ざりあうなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります――時として、闇は思わぬところからしのび寄ってくるのです。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2017年
12月1日
言語
JA
日本語
ページ数
424
ページ
発行者
Pottermore Publishing
販売元
Pottermore Limited
サイズ
5.5
MB

カスタマーレビュー

terry0919

我、良からぬものを企むものなり

とても面白かった。物語や人物が読んでいて頭に風景が思い浮かんできた。
ハリーの親として子供に対する接し方、ハリーという親を持ったアルバス。
よくありそうな物語ではあるが、でもこの作品はそれだけではなく、いかに友が大事なのか、家族が大事なのか考えさせられた。
デルフィーはただ父親や母親と一緒にいたかっただけかもしれない。暗黒時代でも平和な時代どちらでも良かったと思う。
それを思うと彼女に対しても悲しい気持ちが溢れる。この作品は映画にするべきでは無いかもしれない。言い換えれば、映画の2時間などではおわれないし、上手く語れないと思う。
それくらいいい作品だった。

平まる

感動しました。

ハリーポッターシリーズを読んできた人には、ぜひ読んで欲しいです。
今までのシリーズでのキャラクターたちの印象が変わりますし、より一層好きになれました。
こんな素敵な物語を読めて良かったです。

キミドリちゃん

ハリー・ポッターシリーズ

最高です!

J・K・ローリング, ジャック・ソーン & ジョン・ティファニーの他のブック

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年