• ¥720

発行者による作品情報

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
215
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
4.5
MB

カスタマーレビュー

熊田 健造

すごく面白い❗️

僕は本で読んでいますが、とても面白い本だと思います。実際にある本名もでてくるので本のことを知ることもできます。すごくオススメです❗️みなさんも読んでみてください❗️

三上延の他のブック

このシリーズの他のブック