• ¥1,100

発行者による作品情報

■大前研一氏を中心とするマッキンゼーコンサルタントが語る「市場で勝つための4つの戦略」を新装刊行

経営戦略を「市場ニーズを満たすビジネスにおいて、競合に相対的に打ち勝つことで、自社の収益を継続的に確保する方法」と定義した場合、市場の成熟度が増すほどに競合に相対的に打ち勝つということは困難なものとなります。


本書は、市場が成長期から成熟期に遷移していた1980年代にプレジデント社から発行された『マッキンゼー成熟期の差別化戦略』を基としております。その後、長く経営書の名著として読み継がれ、<2014年新装版>として新装刊行したのが本書『成熟期の差別化戦略2014年新装版』です。


大前研一氏を中心とするマッキンゼーコンサルタントが各専門において、競合との「差別化戦略」を下記の4つの切り口から豊富な実例・図版を用いて解説しています。

製品/市場(マーケティング)の差別化戦略

販売力の差別化戦略

コスト競争力の差別化戦略

技術開発の差別化戦略

それぞれの戦略については、モデル論で終わるのではなく「戦略立案」⇒「計画策定」⇒「実行」のフローで捉え、戦略実行時に課題となりうるポイントについても解説されており、ビジネスのブレイクスルーのヒントとしてお読みください。

大企業で働くビジネスマンだけでなく、相対的に企業規模が小さいからこそ「差別化戦略」の重要性がより高まる、これから市場参入する企業の方にこそお勧めしたい1冊です。


<キーワード>

・ユーザーニーズの分析

・セグメンテーション

・技術革新(イノベーション)の管理

・資源配分

・人材教育

・マネジメント

・販売チャネル

・コスト競争

・原料調達

・生産プロセス

・購買体制


”生き残りの戦略は明確である。人と同じことやるなら、より徹底的にやらねばならない。方向が同じならスピードと程度で勝負しなくてはならない。これはすなわち同じものを作っても原価が大幅に安かったり、流通費用が競争相手の半分だったり、ということである。このような正面攻撃でとても勝ち目のない場合には、強者から土俵をずらさなくてはならない。またたとえ強者であっても経営資源の浪費につながるような泥仕合を避けるために、群雄の好む土俵から自らを外してゆかねばならない。これが差別化戦略である”


”競争相手との有効な差別化なしにシェアや収益が伸びるということはありえない。また差そのものに意義があるのではなく、あくまでユーザーの本質的に指向するもの、自社の強さに立脚して、いざとなったら防御できるもの、に基いた差別化でなくてはならない。差別化戦略の良いところは、それが企業規模の大小にあまりかかわりなく有効だということである。同じゲーム展開なら大きいほど有利だが、土俵をずらせてしまえば大きさは関係ない。大きくてもダメな会社もあれば、小さくても優れた会社もどんどん出てきている。内容の問われる時代になっているのである。”


~本書「はじめに」より~


■新装にあたって

新装にあたり、書籍はデジタルリマスタリング。大きく以下2点を追加収録しています。

・図版はすべてリデザインし、電子書籍版ではより見やすいカラー図版でお読みいただけます(カラー対応デバイスの場合に限ります)。

・新装刊にあたって7,000字を超える著者インタビューを追加収録。今の大前研一氏が「コンサルティング」「経営」を語ります。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
8月1日
言語
JA
日本語
ページ数
181
ページ
発行者
Good.book
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
26.9
MB

大前研一 & 若松 茂美の他のブック

このシリーズの他のブック