発行者による作品情報

『マルクスの審判』は、日本の小説家・俳人・評論家横光利一。本名は横光利一(としかず)。この作品は底本の「「定本横光利一全集 第一巻」河出書房新社」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。初出は「新潮」新潮社 1923(大正12)年8月1日発行、第39巻第2号。

ジャンル
小説/文学
発売日
1927
8月2日
言語
JA
日本語
ページ数
22
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.1
KB

横光利一の他のブック