‪蠅‬

    • 4.5 • 33件の評価

発行者による作品情報

「蠅」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本小説家・俳人・評論家である横光利一の短編小説。この作品は底本の「日輪 春は馬車に乗って 他八篇」[岩波文庫、岩波書店、1981(昭和56)年]に収録されている。蠅を話題にした短編集。

ジャンル
小説/文学
発売日
1985年
8月18日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.9
KB

カスタマーレビュー

ヒロワゴンタイガー

感嘆

何度読んでも素晴らしい。
人馬が実に生き生きと描かれているから、最後に与えられる無常感は半端ない。
そして、これを読むと必ず、さして好物でもない饅頭を、無性に食べたくなる。描写が見事。

横光利一の他のブック

2017年
1973年
2015年
1960年
1927年
1931年

カスタマーはこんな商品も購入

1914年
1953年
1972年
1918年
1932年
1952年