• ¥660

発行者による作品情報

幼なじみの真奈の家から奇妙な箱を見つけた叶多。箱の中には中世日本が存在し、そこに干渉した結果、真奈が消え真樹という別の幼なじみが現れる。一度は真奈のいる世界を取り戻した叶多だったが、再び真樹のいる世界へと戻り、真樹と真奈の二人が同時に存在できる方法を模索する。真奈への思いを断ち切れない叶多に真樹は不信感を抱き、箱を強奪しようとする。もみ合ううちに二人は姿を消し、消えたあとには箱だけが残っていた。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
8月23日
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
88.6
MB

宮尾行巳の他のブック

このシリーズの他のブック