京都伏見は水神さまのいたはるところ ふたりの新しい季‪節‬

    • ¥710
    • ¥710

発行者による作品情報

告白から四年越し…! ようやく付き合うようになった、ひろと拓己。拓己は東京から京都伏見に帰ってきて実家の酒蔵・清花蔵を継ぐための修業に勤しんでおり、ひろは大学院で民俗学の勉強をしつつ祖母の蓮見神社の相談事の手伝いをするようになっていた。もちろん、白蛇の水神さまシロも、ひろの傍でひかえている。名目上、彼氏彼女となった拓己とひろだが、相変わらず幼なじみの関係性から一歩抜け出せずにおり、ひろは大学の後輩でしっかり者の葵に相談する。そんな折り、拓己の知り合いでレストランを経営する赤沢から、自身の邸の庭で奇妙なことが起こると相談があり……!? 桃山から宇治、伏見稲荷大社へ。紅葉織りなす秋から、粉雪舞い散る冬へ……! 美しい京の季節が巡るなか、じれったい恋人たちがあやかしたちの謎に迫る……!

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
10月20日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
集英社/集英社オレンジ文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
2
MB

相川真 & 白谷ゆうの他のブック

2021年
2015年
2013年
2021年
2018年
2021年

カスタマーはこんな商品も購入

2020年
2018年
2019年
2019年
2020年
2020年

このシリーズの他のブック

2022年
2018年
2019年
2019年
2020年
2020年