• ¥720

発行者による作品情報

建築とは何か、その歴史とはどのようなものだろうか? 母なる大地と父なる太陽への祈りによって誕生した〈建築〉。地母神が人をやさしく包む母のような内部を、太陽神が人の眼前にそびえる父のような外観をもたらした。以降、神々のおわす神殿、神社へと発展し、青銅器時代から二十世紀モダニズムへと駆け抜けていく。人々の共同意識が作り出し、さらに意識を組織化する力をもつ建築。様々な説により自由にかつダイナミックに展開する、全く新しい『初めての建築の本』。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2005年
5月10日
言語
JA
日本語
ページ数
106
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.5
MB

藤森照信の他のブック