• ¥650

発行者による作品情報

人が、理由なく大きく成長することはない。成長の裏には必ず理由がある。
持って生まれた天性、器用さである程度のところまでいっても、大きく成長しないのは、何となく日々をおくってきたから。
不器用な人が、不器用なままで終わってしまうのは、成長するために何が必要かを学ばなかったから。
人が成長するには、まず基本を身につけることが必要だ。
そして、基本を身につけるには、そのための正しい方法がある。
これを省いて、器用にものごとを進める癖がつくと、その人の成長はどこかで必ず止まる。
基本を身につけた後、さらなる飛躍的な成長を遂げるには、考え方が大切になってくる。
技術の向上や知識を蓄積するという努力も大事だが、それだけでは、どこかで限界がやってくる。
「技術には限界があるが、頭には限界はない」
本書は監督をつとめていた時、ミーティングで選手によく話していたことをまとめたものである。
ビジネスマンの方々が日々の仕事で役立てられるよう執筆している。

1章 「仕事の基礎力」をつけるための正しい努力
2章 「飛躍的な成長」を実現する考え方
3章 リーダーが備えるべき10の必須条件

4章 チームの力を最大限に引き出す指導法
5章 仕事の本質を考える
6章 充実した人生をおくるための心得

著者プロフィール
1935年、京都府生まれ。
高校卒業後、南海ホークスにテスト生から入団。3年目より一軍定着を果たし、その後、球界を代表する捕手として活躍。1970年には選手 兼 監督に就任。チームを黄金期に導く。その後、ロッテ、西武を経て引退。実働26年間、通算657本塁打(歴代2位)、戦後初の三冠王に輝くなどの記録を持つ。
現役引退後、野球評論家を経てヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天イーグルスの監督を歴任。データを駆使する「ID野球」、他球団で挫折した選手を復活させる「野村再生工場」などで知られる。また、社会人野球「シダックス」の監督も務め、プロ野球に入団した数多くの選手を育成した。
現在は、野球解説者・野球評論家として活躍。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2013
6月3日
言語
JA
日本語
ページ数
101
ページ
発行者
バレーフィールド
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
11.1
MB

カスタマーレビュー

ギョブ

素晴らしい本

野村克也さんの生き様は素晴らしい!

ヨシワロシ

みたくない

どうやったら消せるかね

takaby

普通の人に役に立ちそうな話が満載!

野村克也氏の現役時代の活躍、監督としての実績を知る世代ですので、
読み進む毎に、著書の言葉とシンクロして、より説得力を増してきました。

巨人に憧れを抱いていたにも関わらず、レギュラーポジション獲得の可能性のより高い球団を選んだことなど、
現実主義に徹したことを明かしてくれます。

南海にテスト生として入った後も、常に考えながら行動していたことを知ることができ、人生のヒントを与えてくれました。

決して凡人とは思いませんが、下積みを経て這い上がった姿から、勇気を与えてくれる一冊です。

野村克也の他のブック