動乱の日本史 徳川システム崩壊の真‪実‬

    • 3.7 • 3件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

ペリー来航から明治維新を経て進んでいく幕末の動乱には、現代にも通底する特異な思想と、日本を繰り返し滅亡の危機に追い込んできた要因が凝縮されている。なぜ「ペリーは突然やってきた」が歴史常識になったのか? なぜ攘夷派は目の前の現実を無視し続けたのか? なぜ明治革命でなく明治維新なのか? 正論を封殺する言霊信仰や平和念仏主義、朱子学の猛烈な副作用――。そして幕府の危機管理システムはなぜ崩壊したのか? 歴史を戦乱で読み直す、待望のシリーズ第2弾!

ジャンル
歴史
発売日
2016年
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
258
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
4.6
MB

井沢元彦の他のブック

2014年
1997年
1994年
2006年
1997年
1995年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック

2019年
2014年