• ¥850

発行者による作品情報

江戸城の無血開城の実現、日本海軍の基礎の構築、そして徳川家の救済。幕末~明治という大動乱の時代を、徳川の幕臣として、独自の信念と言動で生きぬいた男・勝海舟。明治になっても「氷川町のほら吹き爺」と噂されながらも、自己の意見をいい続けて逝った。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2013
6月24日
言語
JA
日本語
ページ数
464
ページ
発行者
学研プラス
販売元
BOOK BEYOND Co., Ltd.
サイズ
4.3
MB

村上元三の他のブック