十角館の殺人(5‪)‬

    • 3.8 • 10件の評価
    • ¥740
    • ¥740

発行者による作品情報

「角島青屋敷 謎の四重殺人事件」で謎の死を遂げた建築家・中村青司が「島」に建てた十角形の奇妙な館を、大学のミステリー研に所属する七人――エラリイ、ルルウ、アガサ、カー、ヴァン、ポウ、オルツィが訪れる。到着した次の日、中央ホールのテーブルに「第一の被害者」「探偵」「殺人犯」……と書かれたプレートが置かれていた。誰かの悪戯だろうと目されていたが、続々と「被害者」が出てしまい、五日目の深夜……十角館は炎に包まれる。
一方、「本土」では、島田と江南が「角島青屋敷 謎の四重殺人事件」の「真相」に辿り着く。しかし、青司の娘であり、海難事故に遭い亡くなってしまったミス研の元メンバー・中村千織の墓を訪れた二人は「あるもの」を見つけ、島田が気付きを得る。そして、江南の元に「合宿に行ったメンバーは全員死亡」の報せが……。

誰が、何故、どうやったのか。そのすべてが明かされる。

第22回日本ミステリー文学大賞受賞の綾辻行人と、美しさの中に影がある絵でイラストレーターとしても活躍する清原紘がタッグを組んで贈る、本格ミステリの金字塔をもとにした「コミックリメイク」、ついに完結!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2022年
5月23日
言語
JA
日本語
ページ数
200
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
86.1
MB

綾辻行人 & 清原紘の他のブック

2007年
2019年
2008年
2009年
2012年
2012年

このシリーズの他のブック

2019年
2020年
2021年
2021年