発行者による作品情報

傑作時代劇コミック『半蔵の門』が大合本となって登場!(1~3巻収録)

忍びとは主に闇仕えし、主の命に従い、あらゆる仕事をこなす裏世界の住人である。そんな忍が一人、服部半蔵正成が仕えることとなったのは、後の大将軍徳川家康こと松平元信公であった。これは将軍の片腕として生きた一人の忍の物語である。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
11月22日
言語
JA
日本語
ページ数
699
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
390.7
MB

カスタマーレビュー

杖突童子

重厚

切り口の違う家康伝ともいえる作品。
小池一夫と小島剛夕を堪能してください。

小池一夫 & 小島剛夕の他のブック

このシリーズの他のブック