• ¥590

発行者による作品情報

わけも告げず姿を消した妻を探し求めて、駿州沼里から江戸にやってきた湯瀬直之進は、小日向東古川町で店を構える口入屋・米田屋に住み込みの用心棒として雇われる。仔細あって木刀しか遣わない直之進だが、さっそく、うだるような暑さのなか、主の光右衛門について江戸の商家を回ることになる。書き下ろし長編時代小説、待望の新シリーズ第一弾。

ジャンル
小説/文学
発売日
2005
7月20日
言語
JA
日本語
ページ数
218
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
847.7
KB

鈴木英治の他のブック

このシリーズの他のブック