吾輩は猫である 吾輩は猫である

吾輩は猫であ‪る‬

    • 3.6 • 1.1K Ratings

Publisher Description

明治時代のは日本の小説家、評論家、英文学者夏目漱石。本名、金之助(きんのすけ)。『吾輩は猫である』は底本の「「夏目漱石全集1」ちくま文庫、筑摩書房」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~十一)」などが収録されている。初出は「ホトトギス」1905(明治38)年1月~8月。

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
1909
January 1
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
610
Pages
PUBLISHER
Public Domain
SELLER
Public Domain
SIZE
5.3
MB

Customer Reviews

いやあーん ,

長い長い長い長い…

面白いけど長いよ〜

chonmaru17 ,

とにかく

話が長過ぎるし、表現がまわりくどくすぎて、なかなか読み進めなかった。
可愛げのないネコが人の容姿など色々な悪口ばかりつぶやいていて、あまり好きになれない。

Uiruam ,

面白かったです

古風な言葉で、面白い表現がたくさんあり、とても楽しんで読みました。面白いというよりも滑稽と言った方が合うかもしれません。余裕派と呼ばれた理由が分かるような作品でした。

More Books by Souseki Natsume

こころ こころ
1918
坊っちゃん 坊っちゃん
1906
夢十夜 夢十夜
1992
それから それから
1998
三四郎 三四郎
1912
草枕 草枕
1910

Customers Also Bought

羅生門 羅生門
1919
蜘蛛の糸 蜘蛛の糸
1922
注文の多い料理店 注文の多い料理店
1928
銀河鉄道の夜 銀河鉄道の夜
1993
斜陽 斜陽
1992
人間失格 人間失格
1952