執念の逆転劇 友の死を越えて青函トンネル・24年の大工‪事‬

    • 4.7 • 3件の評価
    • ¥150
    • ¥150

発行者による作品情報

24年におよぶ歴史的難工事の末、完成した「青函トンネル」。最初のパイロット坑である「先進導坑」を堀り抜いたのは、鉄建公団の若き技術者と、トンネル工事のプロ職人74人を中心としたプロジェクトだった。
複雑な地層を掘り進む海底掘削工事は、出水との戦いであった。プロジェクトは、試行錯誤の末、岩盤に細かな注入穴を空け、高圧で特殊なセメントを流し込み地層を固めて掘り進むという新技術を開発する。
しかし難工事のなかで死亡事故が続発。昭和44年には大規模な出水事故に見舞われもした。この事故を全員で乗りきったことが、その後の出水対策を飛躍的に進歩させる原動力となる。
昭和58年、仲間の遺影が見守るなか、先進導坑貫通の瞬間を迎えた。青函トンネルに人生を賭けたトンネルマン達の苦闘と情熱を描く。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2012年
12月7日
言語
JA
日本語
ページ数
32
ページ
発行者
NHK出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
257.6
KB

NHK「プロジェクトX」制作班の他のブック

2012年
2012年
2012年
2012年
2012年
2012年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック

2012年
2012年
2012年
2012年
2012年
2012年