• ¥660

発行者による作品情報

三十余年ぶりに生育の町を訪れた“私”が、その地で見たものは、一瞬の夢幻だったのか――。昏い過去との再会と訣別を、格調高い筆致で描く鮮烈なる表題作ほか、北町貫多の同居女性に対する改悛の情とその後を語る「畜生の反省」など、無頼の私小説作家の名調子が冴える、六篇の短編集。(『痴者の食卓を改題』)私小説作家の新境地。苛烈なる“生”の小説集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
1月16日
言語
JA
日本語
ページ数
104
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
403.9
KB

西村賢太の他のブック