天は赤い河のほとり(07‪)‬

    • 3.7 • 33件の評価
    • ¥490
    • ¥490

発行者による作品情報

ヒッタイトとミタンニの戦争も最終局面へ突入。一度は戦いに破れた黒太子だが、夕梨を人質にとって篭城作戦をとる。強固な守りを破るために、カイルは女官に変装して城にしのびこむことに成功。予想外に警備の薄い城内にとまどいつつも、夕梨のもとへと急ぐ。その頃城の中では、殺りくや飢餓に耐えられなくなったミタンニ兵たちが、クーデターを起こしていた。彼らは国王を殺し、さらに黒太子の命も奪おうとする。なんとか逃げ出した黒太子は、側室のナディアを連れてバビロニアへ脱出。夕梨も城を抜け出して、カイル皇子のもとへ。久しぶりの再会を喜ぶ2人だが、夕梨を20世紀へ還す儀式の日がせまっていて…!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1996年
11月26日
言語
JA
日本語
ページ数
188
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
37.6
MB

篠原千絵の他のブック

2002年
2002年
1998年
1998年
2001年
1999年

カスタマーはこんな商品も購入

1992年
1994年
1993年
1992年
1992年
1994年

このシリーズの他のブック

1997年
1997年
1997年
1997年
1998年
1998年