BASARA (11‪)‬

    • 3.4 • 12件の評価
    • ¥490
    • ¥490

発行者による作品情報

残る最後の宝刀「玄武の刀」を持っているという東北の鹿角(かづの)。鹿角の人たちと連絡を取るために向かったタタラ軍の正太とハヤト。だが、戻ってきたのは衰弱しきった正太だけだった。その時、死んだと思われていた赤の王が四国で生きていたという情報が入ってきた。赤の王が四国を制したら次に狙われるのが、桜島の朱雀(すざく)の村だと考えた更紗(さらさ)は共に赤の王を討つため、鹿角と同盟を結びに全速で東北へ向かった。消息を絶ってしまったハヤトの安否を気にする更紗。国の入口“増長(ますなが)の柵”に着いた更紗たちは、国に入る坑道に足を踏み入れる。邪心がなければ、無事抜けられるというが!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1994年
3月26日
言語
JA
日本語
ページ数
188
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
48.4
MB

田村由美の他のブック

2019年
2018年
2018年
2019年
2018年
2020年

このシリーズの他のブック

1994年
1994年
1995年
1995年
1995年
1996年