BASARA (17) BASARA (17)
BASARA

BASARA (17‪)‬

    • 3.5 • 8件の評価
    • ¥490
    • ¥490

発行者による作品情報

できることなら平和的解決を望む黒の王の正室・紫の上と、鹿角(かづの)の代表者・増長(ますなが)を引き合わすことができた更紗(さらさ)たち。途中で、懐かしい母との再会を果たすことができた。そして“愛”のすばらしさ、尊さを思いだし、赤の王への憎しみの呪縛から解放された。ついに4本の宝刀を集めることができた更紗たちは、新たな一歩を踏み出す決意を固める。早速、紫の上の協力で、菊音たちと共に京都入りを果たした更紗。狙うは、国王の権威を見せつけるための大イベント。国王の力は絶対ではないということを証明するために、新年に開かれる“大仏開眼の大式典”を叩き潰そうとする更紗たちだが…!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1996年
2月26日
言語
JA
日本語
ページ数
189
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
49.5
MB

田村由美の他のブック

ミステリと言う勿れ(4) ミステリと言う勿れ(4)
2019年
ミステリと言う勿れ(2) ミステリと言う勿れ(2)
2018年
ミステリと言う勿れ(3) ミステリと言う勿れ(3)
2018年
ミステリと言う勿れ(1) ミステリと言う勿れ(1)
2018年
ミステリと言う勿れ(5) ミステリと言う勿れ(5)
2019年
ミステリと言う勿れ(6) ミステリと言う勿れ(6)
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

天は赤い河のほとり(21) 天は赤い河のほとり(21)
2000年
天は赤い河のほとり(20) 天は赤い河のほとり(20)
2000年
天は赤い河のほとり(22) 天は赤い河のほとり(22)
2000年
天は赤い河のほとり(26) 天は赤い河のほとり(26)
2001年
天は赤い河のほとり(17) 天は赤い河のほとり(17)
1999年
天は赤い河のほとり(18) 天は赤い河のほとり(18)
1999年

このシリーズの他のブック

BASARA (18) BASARA (18)
1996年
BASARA (19) BASARA (19)
1996年
BASARA (20) BASARA (20)
1997年
BASARA (21) BASARA (21)
1997年
BASARA (22) BASARA (22)
1998年
BASARA (23) BASARA (23)
1998年