• ¥730

発行者による作品情報

桶狭間の敗戦を機に、松平元康(後の家康)は葛藤の末、信長と同盟を結ぶ。先見性と経済力を武器にのし上がる天才を目の当たりにし、単なる領地争いの時代が終わったことを身をもって知る元康。三河一国を領し、欣求浄土の理想を掲げ、平安の世を目指す。信長でも秀吉でもなく、なぜ家康が戦国最後の覇者となれたのか。かつてない大河歴史小説。

ジャンル
歴史
発売日
2020年
7月7日
言語
JA
日本語
ページ数
191
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
2.6
MB

安部龍太郎の他のブック