• ¥660

発行者による作品情報

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争がここに明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、その裏側を描く物語がここに開幕!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018
8月8日
言語
JA
日本語
ページ数
179
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
76.6
MB

カスタマーレビュー

並番

寄生獣のパロディ

寄生獣に出てくる広川、の子供が主人公
広川派の行動が明かされるのかと思ったがそういう訳でもなく、寄生獣のパロディとして読むのがいいかと

ドミノでござんす

_(┐「ε:)_

なんかみんなグロいレビューしてるけど表紙でグロいやつとか大体わかると思います
あとそんなグロいっていうんじゃなくてグロさにまぎれてる面白さを探した方がいいと思う
あとそんなひどいレビューすんだったら本物の方見た方がいいと思う

REi_RaIL

普通に面白い

酷評的なレビューが目立ちますが、
そこまで気持ち悪さは感じないし
上手く原作に繋げて綺麗に落とし込めてると思います

岩明均 & 太田モアレの他のブック

このシリーズの他のブック