• ¥880

発行者による作品情報

立花併右衛門は江戸城の書類決裁に関わる奥右筆組頭。権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、12年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。その帰路、何者かの襲撃を受け、隣家の次男柊衛悟を護衛につけるも、2人はすでに幕政の闇の渦中にあった。読み応え抜群、気鋭の新シリーズ開幕。2009年この書き下ろし時代小説がすごい! 第1位。(講談社文庫)

ジャンル
小説/文学
発売日
2007
9月14日
言語
JA
日本語
ページ数
448
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
766
KB

上田秀人の他のブック

このシリーズの他のブック