発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、永井 荷風(1879年12月3日 - 1959年4月30日)は日本小説家。東京、小石川生まれ。本名、壮吉。この作品は底本の「小説作法」では文学・評論としてまとめられている。本書で登場するのは、「あめりか物語」「ふらんす物語」「腕くらべ」、日記「断腸亭日乗」。

ジャンル
小説/文学
発売日
1990
11月18日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.4
KB

カスタマーレビュー

耽美主義の残党

技法を説くに非ず

己れの人格未熟にして小説は書けぬ。己れの天才無くして小説は書けぬ。凡人は此れを心に刻むべし。小説を読むのは万人の自由である。然し、小説を書くのは天才の特権である。凡人の書くもの小説に非ず、唯の戯言に過ぎぬ。

永井荷風の他のブック