発行者による作品情報

明治時代の日本の小説家永井荷風。『濹東綺譚』底本の「「※(「さんずい+(壥-土へん-厂)」、第3水準1-87-25)東綺譚」新潮文庫、新潮社」では「文学・評論」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~十)」「作後贅言」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1955
12月26日
言語
JA
日本語
ページ数
107
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
97
KB

カスタマーレビュー

三田のこうちゃん

昭和の闇の奥

懐かしい大正、昭和の闇が私の頭に浮かんでくる

永井荷風の他のブック