巴里のキャフェ 巴里のキャフェ

巴里のキャフ‪ェ‬

    • 2.7 • 3件の評価

発行者による作品情報

昭和時代の日本の作家、岡本 かの子(おかもと かのこ、1889年3月1日 - 1939年2月18日)は、大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家。本名カノ。東京府東京市赤坂区(現東京都港区)青山南町生まれ。この作品は底本の「世界紀行文学全集 第二巻 フランス編Ⅱ」では評論・文学研究としてまとめられている。初出は「修道社」1959(昭和34)年2月20日。

ジャンル
旅行
発売日
1963年
2月21日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
15
KB

岡本かの子の他のブック

荘子 荘子
1939年
鮨 鮨
1943年
夏の夜の夢 夏の夜の夢
1941年
金魚撩乱 金魚撩乱
1996年
岡本かの子全集 岡本かの子全集
2015年
東海道五十三次 東海道五十三次
1997年

カスタマーはこんな商品も購入

織田信長 織田信長
1952年
ヴィヨンの妻 ヴィヨンの妻
1954年
セロ弾きのゴーシュ セロ弾きのゴーシュ
1894年
草枕 草枕
1910年
女生徒 女生徒
1943年
夢十夜 夢十夜
1992年