平家物語 巻12

発行者による作品情報

古活字版。下村本。『平家物語』には多くの異本があり、普通は語り本系(平家琵琶の伴奏で語られた詞章)と読み本系(読み物として編集)に大別される。一般に流布したのは語り本系で、本書もその一つ。古活字版の『平家物語』の中でも最初期の刊行といわれる。巻末に「下村時房刊之」とあり、「下村本」と称される。下村時房の経歴は未詳。嵯峨本に似た美麗な活字や雲母刷り文様の表紙(本書は改装)が使われている。活字の部分を切り取り裏から紙を貼って墨書で訂正した個所や、字句の傍らに補記訂正をした個所があるのが注目される。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:ヘイケモノガタリ 12
シリーズ名ヨミ:ヘイケモノガタリ コクリツコッカイトショカンゾウショ
出版者:下村時房
種類:軍記物語

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
162
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
270.6
MB

作者不詳の他のブック

2015年
2015年
2015年
1985年
2015年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年

このシリーズの他のブック

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年