店長がバカすぎ‪て‬

    • 3.7 • 22件の評価
    • ¥750
    • ¥750

発行者による作品情報

谷原京子、二十八歳。吉祥寺の書店の契約社員。超多忙なのに薄給。お客様からのクレームは日常茶飯事。店長は山本猛という名前ばかり勇ましい「非」敏腕。人を苛立たせる天才だ。ああ、店長がバカすぎる! 毎日「マジで辞めてやる」と思いながら、しかし仕事を、本を、小説を愛する京子は――。全国の読者、書店員から感動、共感、応援をいただいた、二〇二〇年本屋大賞ノミネート作にして大ヒット作。巻末にボーナストラック&早見和真×角川春樹のオリジナル対談を収録。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
8月18日
言語
JA
日本語
ページ数
317
ページ
発行者
角川春樹事務所
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.4
MB

カスタマーレビュー

テンパチー

店長…。

私も元店長だったので店長として働いていた時の自分が本に登場したのか?と思うぐらい親近感を感じました。また、そんな馬鹿すぎる店長と働くスタッフ(契約社員・正社員・アルバイトの方々)の様子が具体的にかかれていたので勉強になりました。今はマネージャーになった私ですか新たなポジションで私なりの世界を作ってやろう!とこの本を読んで心に決めました!
楽しかったです!有難う御座います!続編!?楽しみにしています!

早見和真の他のブック

2017年
2013年
2022年
2019年
2011年
2021年

カスタマーはこんな商品も購入

2021年
2020年
2021年
2022年
2019年
2020年