政治の論理と人間の論‪理‬

    • 5.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

非業の死を遂げた京都学派を代表する哲学者、三木清のエッセイ。初出は「セルパン」[1937(昭和12)年]。6月11日、赤軍の至宝とも呼ばれていたソヴィエトの軍人トハチェフスキーがゲシュタポのスパイという嫌疑で粛清された。この事件をもとにソヴィエト政権やスターリニズムについての三木の考えが述べられる。そして三木は政治の論理ではないヒューマニズムの論理の必要性を強く訴える。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2015年
4月11日
言語
JA
日本語
ページ数
3
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.1
KB

三木清の他のブック

1942年
1971年
1931年
1953年
1945年
2003年

カスタマーはこんな商品も購入

1970年
1941年
1942年
1940年
2015年
1970年