発行者による作品情報

この作品は書いている、林芙美子(はやし ふみこ、1903年(明治36年)12月31日 - 1951年(昭和
26年)6月28日)は、日本の小説家。物心ついた小学生時代に貧しかった生い立ちからか、底辺の庶民を慈し
むように描いた作品に、ことに名作がある。この作品は底本の「林芙美子随筆集」では「「列伝と由来書」としてまとめられている。初出は2003(平成15)年2月1日。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1939
8月2日
言語
JA
日本語
ページ数
16
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
18.1
KB

林芙美子の他のブック