発行者による作品情報

「文学者の一人として見た現代日本語」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の劇作家・小説家・評論家・翻訳家・演出家である岸田國士の講演。この作品は文学者として見た現代の日本語というものについてを述べたもの。

ジャンル
参考図書
発売日
1995
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
21
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
18.7
KB

岸田國士の他のブック