発行者による作品情報

明治時代のは、小説家・児童文学作家小川未明。本名は小川健作(おがわけんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる。『文章を作る人々の根本用意』は底本の「「芸術は生動す」国文社」では「文学・評論」としてまとめられている。本書で登場するのは、「一 根本的用意とは何か」「二 読書と観察と思索」「三 先ず試みよ」などが収録されている。

ジャンル
職業/技術
発売日
2013年
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.6
KB

小川未明の他のブック