坂口安吾全‪集‬

    • 4.1 • 8件の評価

発行者による作品情報

小説家。本名は炳五(へいご)。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926(大正15)年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930(昭和5)年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊、翌年6月に発表した「風博士」を牧野信一に絶賛され、文壇の注目を浴びる。その後、「紫大納言」(1939年)などの佳作を発表する一方、世評的には不遇の時代が続いたが、1946(昭和21)年、戦後の本質を鋭く把握洞察した「堕落論」、「白痴」の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955(昭和30)年2月17日、脳溢血により急死。享年48歳。小説の代表作は「紫大納言」「真珠」「白痴」「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」など。エッセイの代表作は「FARCEに就て」「文学のふるさと」「日本文化私観」「堕落論」「教祖の文学」など。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
8月8日
言語
JA
日本語
ページ数
7,875
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.1
MB

カスタマーレビュー

cord888

大変よかったと思う。

大変よかったと思うから大変よかったと思う。

坂口安吾の他のブック

1952年
1947年
1950年
1951年
1950年
1951年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年