発行者による作品情報

この作品の作家は、坂口安吾(さかぐちあんご、1906年(明治39年)10月20日-1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。『黒田如水』は底本の「現代文学 第七巻第一号」では「小説. 物語」としてまとめられている。初出は「現代文学 第七巻第一号」大観堂、1943(昭和18)年12月28日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1947
12月29日
言語
JA
日本語
ページ数
23
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
22.7
KB

カスタマーレビュー

干物の由

面白いです

手軽に読めます。秀吉と家康の比較が手軽にでき、黒田官兵衛が入り込む素地が明確なところが面白かったです。

初心者のたこ

事実誤認も面白さか

官兵衛が小寺に捕らえられ幽閉されたなど基本的な事実誤認があるが、それもひっくるめておもしろおかしいのが、安吾かもしれません。

ひねとねま

如水

知っていることを読み返した感じ

坂口安吾の他のブック