発行者による作品情報

この作品の作家は、坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動。この作品は底本の「坂口安吾全集07」では「伝記&回想録」としてまとめられている。初出はは1998(平成10)年8月20日。​

ジャンル
小説/文学
発売日
1952
8月11日
言語
JA
日本語
ページ数
31
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
27
KB

カスタマーレビュー

相応の疑問

読みたかったので

ありがたかったです。未完作だったのですね。でも良かったです。

坂口安吾の他のブック