発行者による作品情報

『桜の森の満開の下』は日本の小説家、評論家、随筆家である坂口安吾の短編小説。坂口の代表作の一つであり傑作と称されることの多い作品。初出は「肉体 第一巻第一号」暁社、1947(昭和22)年6月15日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1951
6月16日
言語
JA
日本語
ページ数
29
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
23.4
KB

カスタマーレビュー

むむんとり

初めて読みました

星野源の「桜の森」もこれに関連した曲なのでしょうか?
桜と聞いて思い起こすおどろおどろしさを具現化した小説です。

ニックねーむの難易度

野田秀樹

「贋作 桜の森の満開の下」の予習として読みました。これは面白い。

坂口安吾の他のブック