新美南吉詩‪集‬

    • ¥100
    • ¥100

発行者による作品情報

(この詩集について)


「ごん狐」などの童話で名高い新美南吉の詩集です。26編の詩を収めました。


新美南吉は、童話と同じく平易な言葉遣いで分かりやすく、しかも深い情感に満ちあふれた詩を多く書きました。「貝殻」は特に有名です。


貝殻


かなしきときは

貝殻鳴らそ。

二つ合わせて息吹きをこめて。

静かに鳴らそ、

貝がらを。


誰もその音を

きかずとも、

風にかなしく消ゆるとも、

せめてじぶんを

あたためん。


静かに鳴らそ

貝殻を


その他収録されている詩は以下の通りです。


1931年

ひかる 6月

月から 9月

一れつ 10月

深呼吸 10月

デパートの窓 11月

お月さまを 12月


1932年

どらが鳴る 2月

ひなた 4月

乳母車 7月

井戸 8月

よい家 8月

熊 8月

苔人形 8月

明日 10月

ごろぜみ 11月

りんごの車 111月

島 11月

島 12月


1933年

カンテラ 1月

光 4月

輪まはし 8月


1934年

貝殻


1935年

仔牛 2月

雀の歌 2月

沼の家 3月


1937年

そりとランターン 6月


(古典教養文庫について)


古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。


1、古典として価値あるものだけを

これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。


2、読みやすいレイアウト

文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、iPhoneはもちろん、iPadやMacでの読書に最適化しました。また、作品の一編一編にも索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。

青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。


3、美しい表紙

プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。


4、スピーディーな改版

紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
7月31日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
古典教養文庫
販売元
Junichiro Kozuma
サイズ
451.1
KB

新美南吉の他のブック

1936年
2013年
2000年
2015年
1947年
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

1995年
1995年
2008年
2008年
2008年
1995年