• ¥720

発行者による作品情報

聖職者になる夢を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を有した美しい娘ミューリが潜んでおり――? かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に付き添った放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。だがお転婆なミューリはコルの旅立ちに反対し、こっそり荷物に紛れ込み家出を企てたのだ。『狼』と『羊皮紙』。いつの日にか世界を変える、二人の旅が幕を開ける!

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
9月10日
言語
JA
日本語
ページ数
266
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
7.6
MB

カスタマーレビュー

モカ675

ありがとうございます

前作の狼と香辛料から長い時間が経ちました。
まさか続きが出るとは思ってなかったので、見つけた瞬間ドキドキが止まらなかったです。

昔のような伏線の置き方などを見つけた時すごく懐かしくもあり、とても楽しくなりました。

書き方も昔と少し違うところがあって、そういう楽しみ方もあると思います。

何度読み返しても面白い本だと思います(^-^)

支倉凍砂 & 文倉十の他のブック

このシリーズの他のブック