• ¥650

発行者による作品情報

大昔、日本は北と南でアジア大陸と地続きだったが、温暖化によって……。ところで「日本」はニホンかニッポンか、日本人の要件って何だろう? バーのカウンター席で始まった歴史談義は、漠然と受け止めていたけれど実は全然知らなかったんだと気づかされることのオンパレード。八幡平や桶狭間などの現地踏査も交え、数々の不思議に理論で迫る。原日本人、邪馬台国、柿本人麻呂、空海、織田信長、東州斎写楽、太平洋戦争――日本人なら知っておきたい7つのテーマに、鯨史観は如何なるアプローチを試みるか。好評を得た『邪馬台国はどこですか?』『新・世界の七不思議』に続く、第3弾。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2011
4月28日
言語
JA
日本語
ページ数
165
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.5
MB

鯨統一郎の他のブック

このシリーズの他のブック