• ¥2,000

発行者による作品情報

「いついかなる時も、私たちが自ら自身に立ち還ることができるように──。

孤独感や虚しさが癒され、降りかかるどんな厳しい現実に対しても、勇気を持って引き受けることができるように──。

そして、常に私たちに呼びかけられている大いなる存在・神の声に耳を傾けることができるように──。

そんな願いから、本書は生まれました。いわば、人生の同伴者とでも申しましょうか、嬉しいときも悲しいときも、あなたの傍らに置いて人生の道を歩んでいただけたら、何よりの幸せです」(「はじめに」より)


内容の一部(目次より)

○怒りが湧き上がるとき

○他人を責めたくなるとき

○切れてしまいそうになるとき

○自信が持てないとき

○不安と恐怖を抱くとき

○絶望するとき

○比較・競争にとらわれるとき

○嫉妬を感じるとき

○自信に溢れるとき(傲り高ぶるとき)

○他人に合わせたくなるとき

○面倒・億劫に感じるとき

○何をしたらいいかわからないとき

○嘘の誘惑に対して

○今日の祈り

○新たな時と場の始まりに

○人生の岐路を迎えたとき

○別れのとき

○逆境・障害の中にあるとき

○入院のとき

○婚儀のときの祈り

○老いを感じたとき

○臨終のときの祈り

○大切な人を失ったときの祈り

○愛を深める祈り

○絆を深める祈り

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2006
7月4日
言語
JA
日本語
ページ数
815
ページ
発行者
三宝出版株式会社
販売元
Sampoh Publishing Co., Ltd.
サイズ
2.5
MB

カスタマーレビュー

ミカエルと共に

いつもかたわらに

千変万化の事態、移ろう心…

その中にあっても永遠と繋がってゆく道があることを、大切な友人のように、受けとめ、語りかけ、共に歩んでくれる本です。

ユックン333

こころの指針

この本のお蔭で、どれだけ助けられて来たか。
有難いとしか言い様がありません。

あゆこはまだ

人生に無くてはならない一冊

自分の心境とぴったりの項目があり
読むと心がスッキリします。
私の人生に無くてはならない一冊です。
人生の道しるべをいつも示してくれます。

高橋佳子の他のブック