• ¥630

発行者による作品情報

今日においては、ヒトこそが企業経営に残された最後の開発ターゲットである。ベストセラー『はじめての課長の教科書』の著者が、フリービット株式会社での実務経験に基づいて、人材育成プログラムの論理的な背景と、プログラム導入の実践上のポイントを概説する。経営の行き詰まりに直面している経営者や人事部、さらには自らの成長戦略を考える若手のビジネスパーソンにとって有益なヒントになるだろう。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2010
1月20日
言語
JA
日本語
ページ数
128
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
983.5
KB

酒井穣の他のブック