• ¥850

発行者による作品情報

「いつかは住んでみたい街」ランキングに、毎回必ず上位に食い込む札幌。

政令指定都市であり、2009年には人口190万人を突破。



「人がおおらかで、よそ者に対してもすごく優しい」「碁盤の目で分かりやすい街並み。

買い物が便利」などなど、道外から絶大なる評価を受けている。



だが、肝心の札幌に住む市民の生態はどうだろう? 札幌は、典型的な一極集中型都市で

北海道の人口の約3分の1を占めている。



そのせいか、札幌っ子の脳内では『北海道イコール札幌』に変換されており、

道内他都市のひんしゅくをたまに買い、

本物の大都会に住む東京人の失笑ももれなく買っている。



また、札幌を含む北海道は深刻な不景気で働き口もなく、生活保護者は急増中。

札幌は元々、明治政府のエスコートのもと開拓され発展した街で、

言うなれば中央ありきなのである。



それがこの不景気のなか、地方切捨てでお先は真っ暗。

なのに市民は口癖のように「大丈夫」だと言い、

あいかわらず多幸感に満ちた表情をしている。



コレが今回の取材でひとつのキーワードになった「札幌の魔力」。

当初は?の連続であったが、調査してゆくうちに「札幌は既に滅んでいる。

が、パラダイス」という驚愕の結論へとたどり着いた。



一度暮らすと二度と離れられなくなる街、札幌。

職を求めて去ったはずの若者も、

帰巣本能に促されるハトのように「早く札幌に帰りたい」とつぶやくという。



本書は生まれてこの方・札幌一筋の生粋の札幌っ子の記者を中心に

各種統計データやローカルでしか流れないニュースを元に徹底的に解析、「札幌の魔力の源」に肉薄した類まれなる一冊である。

ジャンル
参考図書
発売日
2011
11月3日
言語
JA
日本語
ページ数
147
ページ
発行者
マイクロマガジン社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
77.9
MB

地域批評シリーズ編集部, みたむらみっち, 青木えり & 上岡哲次の他のブック

このシリーズの他のブック