• ¥800

発行者による作品情報

世界の最先進国日本も、そのほとんどはイナカである。

そして、青森県はその中でも「最たるイナカ」というイメージを持たれている。

やはりこれは『テレビも無ェ ラジオも無ェ』から始まる金木出身の大物歌手による大ヒット曲

『俺ら東京さ行ぐだ』の影響が大きいのだろう。



だが、青森県は「最悪のイナカ」なのだろうか。

仮にイナカだったとしても、そこが「オラこんな県嫌だ」なのかどうかは別問題だ。

そして、その土地が総合的な意味で豊かであるか、貧しいかも、また然りである。



本書は、ありきたりの観光ガイドではない。

青森県にはどんな人間が住み、どんな生活をして、

本当はどこが良くて、どこが問題なのかを、

丹念な取材と、多くのデータを分析して解き明かしていく。



青森県に貼られた「レッテル」を一枚ずつはがし、

真実の姿が少しでも明らかになれば、幸いである。

ジャンル
参考図書
発売日
2014
10月10日
言語
JA
日本語
ページ数
147
ページ
発行者
マイクロマガジン社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
79
MB

地域批評シリーズ編集部, 鈴木士郎 & 佐藤圭亮の他のブック

このシリーズの他のブック